大手の楽器メーカーであるヤマハピアノは高価買取が期待できる

差が出ます

楽器

常に清掃しておく

サックスを手放す際に、少しでも高値で買取してもらいたいなら、とにかく清掃が大切だということを意識しておかなければなりません。サックスは吹くと唾液が内部に付着して、それがサビにつながってしまうため、こまめに拭いておくことをおすすめします。それから手垢などがついているのも買取金額が下がりますから、柔らかな布で丁寧に取り除くようにしておきたいものです。使用した後のサックスは、出しっ放しにしておくと、うっかり物を落として破損させてしまう可能性があるため、専用のケースを用意して中に入れておきましょう。最後に、説明書や保証書があるなら、それも大切に保管しておくことで、査定の際に好印象を与えられます。

店舗を選ぶ

リサイクルショップならどこでも正しい評価をしてくれるという考えでは、損をしてしまうかもしれないため、買取店の選択は慎重に行いたいです。楽器を扱っているところでも、ギターやシンセサイザー、ドラムのセットなど得手不得手があります。そのため、サックスの専門店に持ち込むのが高価買取への近道となるのです。また、サックスが壊れている場合でも、店舗選びが変わってきます。それにより、処分代を請求されてしまうこともあるので、事前に音が出ない、部品が足りないことを告げておき、それでも問題ないのかを確認しておくと良いです。中にはメーカーによって、高値がつくかどうかに影響する可能性があるため、チェックするのを忘れてはいけません。